「税務調査」の記事一覧

税務調査は何年まで遡るか(遡及年数)

税務調査

過去のある時点まで遡って調査することを遡及といいます。 税務調査の場合は、税金の支払いに不備があるかどうかを調査して、不備があった時には、追加で税金を納めなくてはなりません。税務調査によって、修正や更生、無申告、延滞など […]

税務調査と更正処分

税務調査

日本国内では、自ら所得税の計算を行い、税務署に申告を行う自己申告が主流となっています。自己申告時に起こり得る税計算の簡易的なミス、申告漏れ、それらを悪用した脱税などが起こり得るため、税務当局による税務調査が行われます。 […]

建設業の税務調査

税務調査

税務調査に入りたいと税務署から突然言われたら、驚いてしまうかもしれません。 建設業は、一般的に経理作業が難しいと言われています。建設業は、短いもので3ヶ月、長いもので1年以上と工期に幅があります。そのため売上を計上するタ […]

飲食店の税務調査

税務調査

飲食店の経営は現金で行われることが多く、他の業種に比べるとしっかり管理を行う必要がありますが、場合によっては混雑していたなどの理由から売上をつけるのを忘れてしまうことなどがあります。しかし税務署は決算書などからはこれらの […]

税務調査における預り証とは

税務調査

そもそも税務調査とは、税金などに間違いがないかを調査する目的で行われます。 会社を経営していたり個人事業主の場合、自分で税金の計算をして申告する「申告納税制度」に基づいて税金を納めています。当然自分で計算をしているので、 […]

税務調査は赤字でもくるのか?

税務調査

会社が赤字であれば、税務調査は入らないのでしょうか? この「赤字」というのは、一般には決算において損益計算書の最終値が利益ではなく、損失になっていることを指します。昔、簿記においては通常であれば黒インクで記すのに対し、支 […]

税務調査が入る確率はどのくらいか?

税務調査

税務調査と聞くと何を連想するでしょうか? 税務調査とは、納税者の申告が適切であるかどうかを調査するものなので、正しく記帳し、申告していれば何ら困ることはないはずです。 しかし、そうではあっても、実地調査が入るとなると誰し […]

税務調査は拒否できるのか?

税務調査

税務調査のイメージとしては、納税者からすれば決して明るいものではありません。 それは、個々の処理をすべて適正に処理していると自負している会計・申告であったとしても、「できるなら来ないでほしい」と思いたくもなるでしょう。 […]

税務調査で貸金庫を見せる必要があるのか

税務調査

税務調査で貸金庫を見せてくださいという要求を調査官がすることがあります。 貸金庫には証券や宝石などの高額なものが収められている可能性が高いために、脱税につながるものとして調査官は貸金庫の中身を確認しようとします。しかし、 […]

ページの先頭へ