「無申告」の記事一覧

無申告の場合の税務署からの電話に注意

無申告

個人の1年間の所得を申告し、税金納付や還付手続きするのを確定申告と言います。確定申告は給与所得だけでなく、公的年金や株式配当所得、不動産の所得も含まれるのでよく整理してから申告しなければなりません。 確定申告の時期は2月 […]

無申告の青色申告の取り消しに注意

無申告

税務署に申請する確定申告には大きく分けて2種類あり、その一つが青色申告と呼ばれているものです。主に事業を行っている人たちを対象にした申告書であり、個人事業主はもちろん法人も確定申告をする場合は青色申告を利用します。 特徴 […]

同人活動をしている人は無申告に注意

無申告

同人誌の作成やコスプレ撮影などの同人活動を楽しんでいる方もたくさんいると思いますが、そんな同人活動も場合によっては税金徴収の対象になると知っていましたか?同人誌を販売したり、ギャラを受け取ってコスプレ撮影などを行うと、そ […]

一人親方や大工が無申告の場合のデメリット

無申告

2014年以前にはなかった白色申告の帳簿付けですが、2014年からは帳簿付けが義務化されました。帳簿には、日々の売り上げ、燃料代や道具代など、仕事を遂行するに当たりかかったすべての支出レシートや領収書を管理しておかなけれ […]

無申告の場合の時効は?

無申告

時効と聞いて思いつくものは、刑事事件に該当する罪を犯してしまった場合や借金の支払い義務からの解放をイメージする人が多いでしょう。 犯罪以外でも不動産の取得や権利・効力の消滅など、民法上でも定められた期間を待つことで、権利 […]

無申告はいつまで遡る?

無申告

税務署の調査官は正しく税金が納められているか、現在はもちろん過去にまで遡って税務調査をしています。では、この税務調査はいったいいつまで遡るのでしょうか?この遡って調べられる年数のことを遡及年数と言います。 一般的な税務調 […]

休眠会社が無申告の場合の注意点

無申告

休眠会社であっても、会社が存在する限り決算を申告する義務があります。 会社を清算や倒産させた場合には、会社の存在は消滅するため、決算の申告する必要はなくなります。 休眠会社は何らかの理由により、会社を存続させたまま事業を […]

無申告でもばれない?

無申告

経営者の中には、何らかの理由で必要な申告をしなかった(できなかった)という人もいます。この無申告というのは言ってしまえば「税金を納めなかった」ということになるのですが、無申告をしてしまった理由には色々なものがあるようです […]

無申告の場合の税務署からのお尋ねに注意

無申告

無申告の状態でいると、税務署から「お尋ね」と呼ばれる文書が届く場合があります。内容としては経費についての説明を求めるものから未申告の収入についての調査まで様々です。このお尋ねは大体6月頃、税務署が確定申告の審査を終えた頃 […]

ページの先頭へ