「節税」の記事一覧

自転車は経費になるのか

節税

個人事業主だったり副業をしていたりして確定申告が必要な場合、少しでも税金を安く抑えるために経費にできるものは経費として処理したいでしょう。そこで、仕事のために購入した自転車は経費として計上することができるのでしょうか。こ […]

課税される所得金額がマイナスのときどうする?

節税

個人で事業などを行っていると、年間の課税所得がマイナスになる場合があります。そのような場合には、どうせ納める税金がないのだから、わざわざ面倒な確定申告をしなくてもよいのではないかと考えがちですが、実際には申告を行うことに […]

勤務医の節税には特定支出控除がオススメ

節税

個人事業主である開業医と異なり、勤務医は会社員と同じ扱いとなるため、節税をすることは難しいかもしれません。しかし、高額な専門書の購入費用や学会への参加費用、スキルを上げるための資格取得費等などに、自腹を切って出費する人は […]

赤字会社を買っても節税対策にならない

節税

資本家が、赤字会社の経営権を得た上で、節税対策の目的で、過去の繰り越し欠損金を収支に計上して、見かけの収益を少なくする、あるいは、赤字の決算として、法人税の軽減ないし免除による、収益改善を目論む場合、原則、平成18年に改 […]

公務員でもできる節税対策とは?

節税

公務員というと、公的な立場が保証されており、安定のある生活をすることができるというイメージが強いです。そのイメージの通り、公務員の給与は安定しており、一般的な企業のように業績不振によって給与が低下するということはありませ […]

節税と脱税の違い

節税

個人でも法人でも、所得があるときはそれに対して税金を払う必要があります。この時、税務署などが自動的に税金を計算して金額を決めてくれるのではなく、税理士に依頼して申告書を作成して税務署に提出し納税しなければいけません。 申 […]

ページの先頭へ