そもそも税務調査とは、税金などに間違いがないかを調査する目的で行われます。

会社を経営していたり個人事業主の場合、自分で税金の計算をして申告する「申告納税制度」に基づいて税金を納めています。当然自分で計算をしているので、計算に間違いがあるケースや故意に脱税しているケースも考えられます。そこで行われるのが税務調査で、帳簿などの資料を調査する事で間違いがあるかをチェックしていきます。

税務調査は事前に「何月何日に訪問予定です」と連絡がきます。突然調査に来るというのはほとんどありませんが、確実に脱税などの証拠をつかんでる場合などで稀にあるそうです。ちなみに都合が悪い場合は、訪問日の変更を行う事が可能です。何度も変更している場合は怪しまれるかもしれませんが、仕事の都合を優先していい事になっているので問題はありません。

預り証が発行される理由

税務調査では、通常3年分の資料をチェックします。申告している数字が怪しい場合などでは5年や7年分の調査が行われる可能性もありますが、通常であれば3年分とされています。

その為事業の規模にもよりますが、不備がなかったとしても1日で終わる事は少なく、場合によっては「持ち帰って調べたいので資料を預からせて欲しい」と頼まれる事があります。

これは多くの資料を調べるのに時間がかかるのと、資料があった方が上司への報告もスムーズに済む為とされています。この時に発行されるのが「預り証」で、書類を預けた証明として使われるのです。

ちなみに3年分の調査をする事が多いので、設立や開業してすぐよりも3年以上経過してから調査に来る事が多いです。しかし3年経ったらすぐに来るとは限らず、来るタイミングも調査の頻度も様々だと言われています。

資料を預けるのは断れるのか?

帳簿などの資料を持ち帰って調査をする場合、訪問で調査をするよりも細かくチェックされる事が多いです。もちろん資料に全くの不備がなければ問題ありませんが、相手は税金のプロなので自分では気づいていないような細かい所まで指摘される可能性が高くなります。

その為断れるのであれば断った方がいいのですが、その理由が大切になります。

実は正当な理由がないのに断ると、場合によっては罰せられてしまう可能性があるのです。過去の事例では、紛失されると困る、資料を見返すのでないと困る、調査の為に時間をとっているのだからこの場で調査して欲しい等の理由で断る事が出来たケースもあるようです。

しかし必ずしも断った方が良い訳ではありません。資料を持って帰る場合は現場での調査は早く終わる事が多いので、仕事への支障が少なくなります。また自宅を仕事場としている場合などは、長時間自宅で調査する事になるので生活に支障がでる場合もあります。その場合は預けてしまった方がお互いに楽な場合もあるので、自分に合っているのは何かを考えておくのがおすすめです。