税務調査で貸金庫を見せてくださいという要求を調査官がすることがあります。

貸金庫には証券や宝石などの高額なものが収められている可能性が高いために、脱税につながるものとして調査官は貸金庫の中身を確認しようとします。しかし、人前で金庫を開けることには抵抗があるでしょう。そのような場合は断ることができます。

調査官は捜査をしているわけではないので、強制的に開けさせることはできません。そのため、断ってしまっても問題はないのです。ただし、断ることで調査官に不審を与えてしまい、さらに詳細な調査に発展するという可能性はあるでしょう。

まったく疑われるようなことがない時には、断ってもトラブルになることは少ないです。また、調査官は見せるのが当然と要求する場合がありますので、毅然とした態度で断ることが大事です。

納税者が納得した時のみ貸金庫を見せる

貸金庫を調査官が開けることができるのは、理由や説明に納税者が納得した時のみです。

調査官は開けさせるためにあの手この手を使ってきます。しかし、調査官がそのようにするのは、納税者が自ら開示しないと何もできないことの表れでもあります。

強制的に開示させられるのであれば、最初からそうしているでしょう。それができないから開けるのを待っているのです。この点をしっかり認識していれば、調査官と押し問答になっても、冷静に対処できるでしょう。

調査官に上手く乗せられて、開けたくもないのに開けることにならないように注意します。また、貸金庫の中身が分かっている場合は、その中身を伝えることで納得してもらう方法もあります。どうしても確かめたいという調査官には、中身の情報だけでも渡すと丸く収まることがあるでしょう。

質問検査権の権限

税務調査はあくまでも調査ですので、貸金庫を強制的に開けさせることはできません。聞き取りをして、貸金庫に怪しいものがないかを確認する調査です。

このときに、税務調査のために必要となる書類などの提出を求められることがあります。貸金庫の中に帳簿やその他の書類がある場合には、貸金庫の中から提出することになります。

この場合でも貸金庫の中身を見せる必要はありません。必要な物だけ取り出して、帳簿などを見せるといいでしょう。

このような対応をすると引き下がらない調査官もいますが、強制力がないためにそれ以上踏み込むことはできません。ただし、調査を妨害するのはあまり得策ではありません。その後に厳しい調査が待っているかもしれないからです。

調査官に貸金庫の中身を見せなくても納得してもらえるように、納税者は最善の努力をするといいでしょう。