収入印紙は、印紙税を国に納めるための証票です。領収書の金額が5万円以上であるならば、そこに金額に応じた収入印紙を貼る必要があります。

収入印紙は1枚200円であり、郵便局やコンビニなどで購入可能です。購入した段階では印紙税を納税したことにはならず、書類に貼って割印を押したときにようやく納税が完了します。したがって、領収書に貼った収入印紙に割印を押すことは、非常に重要な作業なのです。

割印とは、複数の書類が関連するものだということを証明するために押す印のことです。領収書に収入印紙を貼ったときは、領収書と収入印紙の両方にまたがって押印しなければなりません。この場合の割印は、収入印紙の再利用を防止するための消印の役割も果たしています。

領収書に貼る収入印紙にする割印のやり方

領収書と収入印紙に割印を押すときは、両方にまたがっていれば位置はどこでも問題ありませんが、収入印紙の右横に押印することが多いです。

収入印紙には白い枠がありますが、図柄に割印がかかっていなければ消印の意味がなくなってしまうので要注意です。また、領収書と収入印紙の両方に半分ずつに割印がかかっている状態が、一番好ましいとされています。領収書に収入印紙を複数枚貼る場合の割印は、収入印紙それぞれに押しても2枚に印影がかかるように押しても構いません。

割印は、領収書を発行した人または代理人が、収入印紙を貼ったときに押します。通常印判と呼ばれているものや、氏名などが刻印された日付印、役職名などが書かれたゴム印が使用可能です。

また、印鑑がなければ代わりに自筆で署名をしても良いとされています。氏名以外に、通称や商号などで署名をしても良いです。ただし、領収書と収入印紙の関連性がわかりにくくなるため、「印」と書くだけや斜線を入れるだけでは割印を押したことにはなりません。

加えて、鉛筆やシャープペンシル、消えるボールペンなどは使わないようにしましょう。消えるもので署名をすると、再利用が簡単にできてしまいます。署名のときには、消せないように油性のボールペンなどを使用してください。

領収書に収入印紙を貼り忘れたら?

領収書に収入印紙を貼り忘れると、印紙額の3倍の過怠税を払わないといけなくなります。しかし、過怠税が発生する事例はそれだけではありません。収入印紙を貼っていたとしても割印が正しく押せていない場合には、印紙額に相当する過怠税を払うはめになってしまうのです。
過怠税を徴収されないようにするためにも、しっかり正しい方法で割印を押すことを心がけましょう。