領収書の書き方を完璧にマスターしている人は意外に少ないかもしれません。「なんとかなる」と安易に考えてしまうことは決してお勧めできません。

特に自ら独立開業した人や個人事業主として全ての事務仕事をこなさなければならないという人であれば、なおさらです。いざという時に困らないためにも、領収書の正しい書き方を理解しておくことは大事なことといえるでしょう。

そもそも、領収書がなぜ必要なのかという点を理解することも必要です。

領収書の果たす役割については、主に二つあるとされています。

一つが、購入した商品やサービスなどを支払ったということを証明するという意味合いです。万一、二重請求などに見舞われてしまった場合にも、領収書を提示することで、支払が済んでいるという事実が証明されます。

もし、領収書が発行されていない場合には、支払ったことを証明するにも苦労することになります。そういう意味では、領収書が存在することで、悪意に満ちた業者や店舗などを排除できることにもなります。

そして領収書のもう一つの役割としては、料金や代金を過剰に請求させないという意味もあります。個人相手の商売はもとより、法人相手の場合などには、たくさんの売買が発生することにもなりますので、お金の流れをつかむためにも領収書が大事です。

領収書を書くときのルール

領収書を書く場合には、正確なルールに則って記入することが求められます。年度末に行われる確定申告はもとより、各種補助金の申請などの際にも必要となるケースも多いため、覚えておきたいものです。

まず、日付については、原則として領収書を発行する日の日付を書きます。○年○月○日まで正確に記入。日にちを間違えてしまった場合にも、修正液などでの訂正はできませんので、注意しましょう。

会社名を記入する場合には、株式会社や有限会社などの記載も省略することなく書かなければいけません。ついつい「株式会社」のことを「(株)」などとしてしまいがちですが、それは認められません。

金額を記入する時には、頭に「¥」マークを記入することも忘れないようにします。後から数字の改ざんや不正を防ぐためにも、3桁ごとに「,」を打つことも大事なポイントです。加えて、但し書きもできるだけ具体的に記入しておくことが重要。「品代として」などと記入してしまう人が多く見られますが、具体性に欠けるとして却下されることにもつながりかねません。

50,000円を超える金額では、収入印紙が必要になることも知識として覚えておく必要があります。