安い 税理士

安い税理士に決算代行を依頼するとは割高になる場合がある

弊社は主にホームページ経由でお問合せを頂くことが多いこともあって、「安い税理士を探しています」という内容のご相談が多いのが特徴です。

 

会計事務所業界は今でこそ落ち着きましたが、数年前までは価格競争が激しい時期があり、中には「この顧問料で品質をどのように維持しているんだろう」という料金設定をしている税理士先生もいらっしゃいました。

 

私も皆様と同様に中小企業の経営者でもあるので、なるべく固定費を少なくしたいという気持ちは理解できるのですが、極端に顧問料の安い税理士を選ぶ場合にはデメリットを理解した上で決断することをお勧めします。

安い税理士のデメリットと注意点

会計事務所の立場からすると、安い税理士報酬で利益を出すためには人件費を減らさないといけないので、低価格で顧問を引き受ける場合には税理士の資格を持っている職員が担当するのではなく、人件費が低く経験の少ない職員が担当することになります。

 

このように経験の少ない職員が担当する場合には、節税に関する相談をすることができない、申告書の作成過程でミスが発生しやすい可能性があります。

 

また、格安な顧問料で契約をする場合には面談回数は6月に1度や年に1度という場合もありますので、利益が出ている場合には事前に適切な節税対策をすることができず、削減できた税理士報酬以上に無駄な税金を支払うことにもなりかねません

 

そして、安い税理士に依頼した場合によくあるトラブルが、顧問料の見た目は月額1万円以下だけれども、年末調整や記帳代行料などのオプションを追加していくと、むしろ従来の顧問料よりも割高になってしまったという話をよく聞きます。ですので、見た目の顧問料だけにとらわれず、会計事務所に支払う年額で比較するようにしましょう。

 

なお、最近は設立年度だけ決算報酬を安くして、次年度以降は高い決算料を設定している会計事務所のホームページを見かけます。しかし、このような安い決算料はあくまで設立初年度だけなので、契約する際には決算料は毎年同じか確認するようにしましょう。

川口会計事務所では決算だけのプランを用意しています

中小企業の経営者の立場からすると、本当は会計事務所にきちんと対応してほしいけれど、資金的に毎月顧問料を支払うのは厳しいというのが現状だと思います。

 

弊社では、このような経営者の方々の力になりたいと思い、決算のみ9万円からお引き受けするプランをご用意しております

 

他の会計事務所でも決算のみ対応しているケースはあると思いますが、弊社のプランは下記のような特徴がありますので、決算だけ税理士に依頼したいけれど、なるべく高品質なサービスを受けたいという方は、是非1度お気軽にお問合せ下さい。

 

 決算時以外でも税理士に直接電話かメールで相談できます
 安い税理士のように職員に丸投げせず、税理士がチェックしています
 決算のみのご依頼でも事前の節税対策を行います