足立区税理士

失敗しない税理士の選び方

新しく会社を設立した方は、「税理士にどのような事を頼めるか」、「税理士によってどのような違いがあるのか」など悩むことがあると思います。

 

多くの経営者は知人に税理士を紹介してもらったり近所にある会計事務所を選ぶことが多いようです。

 

でも実は紹介で税理士を選んだ場合、後で不満があっても変更することは簡単ではないって知っていますか?

 

例えば取引先や友人から税理士を紹介されて契約をし、後日サービスに不満があったとしても紹介してくれた人の顔をつぶす訳にはいかず、我慢して契約を続けなければいけないのです。

 

そうなると、友人の紹介ならまだ断れますが、取引先からの紹介だと今後の取引に影響が出たらまずいので、とてもじゃないですが断りにくいです。

 

ですから、紹介で探すのではなく自分で納得して税理士と契約することが重要になるのです。

 

という訳で、今回は税理士を選ぶための重要なポイントを取り上げてみたいと思います。

会計事務所の誰が担当してくれるか

突然ですが、「税理士と契約すれば後は安心」と思っていませんか?

 

私たちの事務所にはホームページを通じてお問合せを多く頂きますが、実は「会計事務所と契約したけれど税理士と会うのは年に1度」、「担当者の経験が少ないので相談できない」という不満を持つことが少なくないようです。

 

ひどいケースでは税務調査のときも「税理士は挨拶だけ終わったら職員任せで帰ってしまった」ということもあります。

 

一般的に税理士と契約したら税理士の資格を持っているか経験豊富なスタッフが担当してくれると思われがちですが、実際のところ未経験の職員や勉強したばかりの職員が担当して税理士はノータッチということもあるようです。

 

もちろん全ての会計事務所が当てはまる訳ではありませんが、無駄な税金を支払わないためにも、できれば信頼できる担当者に経理を見てもらいたと思うのが当たり前だと思うので、契約する前にどのような人が担当してくれるか確認しましょう。

足立区の税理士川口会計事務所がこんなお悩みを解決します

 決算申告の期限が近付いているけれど何もしていない。
 会計ソフトへの入力は済んでいるので、申告書作成だけ依頼したい。
 顧問税理士がいないので相談する相手がいない。
 会社の規模が小さいので顧問契約は必要ないが、決算申告だけは会計事務所に依頼したい。
 今の顧問料が高いので削減したい。
 過去の申告書を提出していない(無申告)ので何とかしたい。
 休眠会社の申告書をまったく提出していない。
 会計ソフトへの入力をまったくしていないので記帳代行から依頼したい。

足立区内の営業地域

青井、 足立、 綾瀬、 伊興、 伊興本町、 入谷、 入谷町、 梅島、 梅田、 扇、、大谷田、 興野、 小台、  加賀、 加平、 北加平町、 栗原、 弘道、 江北、 古千谷、 古千谷本町、 佐野、 皿沼、 鹿浜、 島根、 新田、 神明、 神明南、 関原、 千住 (曙町、旭町、東、大川町、河原町、寿町、桜木、関屋町、龍田町、中居町、仲町、橋戸町、緑町、宮元町、元町、柳町)、 竹の塚、 辰沼、中央本町、 椿、 東和、 舎人、 舎人町、 舎人公園、 中川、 西綾瀬、 西新井、 西新井栄町、 西新井本町、 西伊興、 西伊興町、 西加平、 西竹の塚、 西保木間、 花畑、 東綾瀬、 東伊興、 東保木間、 東六月町、 一ッ家、 日ノ出町、 平野、 保木間、 保塚町、 堀之内、 南花畑、 宮城、 六木、 本木 ( 北町、西町、東町、南町)、 谷在家、 六月、 六町